ララ〜Part4〜

命名・ララ

そんな風に2週間が過ぎました。
「問い合わせ」も、もう来なくなりました。
私たちの中で、このネコちゃんはもう「うちの子」になっていました。
「名前、考えよう」
うちに来る前、この子には、どんな名前がついていたんだろう。
50音順に読んでみました。「あーちゃん?いーちゃん?うーちゃん?」
不思議そうな顔をして、じ−っと私を見つめていました。
そして、「濁点までいくか〜?」と思った「ラ行」に入った時、
「らーちゃん?」「ナァ〜」とため息のような鳴き声。
「ら〜ちゃん」だったの?それとも、もうやめて欲しかったのか・・・(笑)
で、ちょっと安易に「ララ」になりました。

それから、りょうちんは、サークルの解体を始めました。「もういらないでしょ」
その間、ララはちょっと不安な顔をしていました。
「なんでララのおうちこわすの?どこかにやられるの?」って感じ。
大丈夫だよ、ララ。もう、うちの子だよ。
ずーっとずーっとうちの子だよ。
毛がなくたって、病気になったって捨てたりしないよ、ララ。


食いしん坊のララ

ララは、異常に「人間の食べ物」を欲しがりました。
私たちの食事のときは、大騒ぎでした。
多分、前の飼い主さんは、一緒に食事をしていたのでしょう。
でも、テーブルには絶対昇りませんでした。
多分、それも「教育」されていたんでしょうね。

そんな風に、平和な?日々を送っていました。
「生えてこないかも」といわれていた毛も少しづつ生えてきました。
ララは、よく食べ、よく遊び、よいうんちをします。
ただ、「お口」がくさいのが気になっていました。
それに、「素性」もしれないし・・・・「やっぱり血液検査だよな」
ララがうちにきて、3ヶ月近くたっていました。
なんか、今更って感じもしたけど・・・・・
血液検査の前夜は「絶食」
ララにとっては、一番つらい夜だったね、食いしん坊だもん!
でも、巻き添え食って「絶食」のシェリーとあずきはもっと悲惨!!

   戻る   次へ